モバイルツールの開発


<フィールド調査の支援システム>
  • 使用目的
    • 現地調査やコンテンツ制作の際に、現場から写真などのデータを位置情報を付加して送信・保存。
    • 現地で過去に保存したデータの確認。
    • 主にデジタル青森の3DCGコンテンツ制作に活用することを想定。
  • 背景
    • デジタル青森内の建物など3Dコンテンツ制作において、オブジェクトに貼り付ける画像や測量などが必要となる。
      フィールド調査で必要となるデータを取り、持ち帰って整理する際、撮影場所やメモの整理が面倒なことが多い。
      画像などのデータを、現地からでも簡単に管理できる地図を使ったツールを作りたいと思った。
  • 現在のシステム構成
    • 開発言語 : PHP、HTML、CSS、JavaScript
    • データベース : PostgreSQL
    • HTTPサーバ : Apache、ストレージ

(図1:全体の構造)
  • 現在の機能
    • ファイルのアップロード
    • アップロード済みファイルを地図上に表示・マッピング
    • ファイルのダウンロード
    • データベースによるデータ管理
  • データ送信時に位置情報取得の方法
    • Geolocation APIを利用
    •  navigator.geolocation.getCurrenPosition(
      function(position){
      document.getElementById("gpslongitude").value = position.coords.longitude;
      document.getElementById("gpslatitude").value = position.coords.latitude;
      }
      function(error){
      if(error.code === error.TIMEOUT){
      alert("タイムアウトが発生しました。");
      }else{
      alert(error.message + "(" + error.code + ")");
      }
      }
      );

  • 現在完了しているもの
    • HTTPサーバ、データベースを使用したシステム構成
    • iPad等の端末向けの簡易的なインターフェースの作成
    • 地図上にファイルの保存・表示機能
  • 改善・追加していきたいもの
    • 登録座標によって表示が重なる部分の改善
    • 地図をキャプチャ画像からGoogleMapやデジタル青森への利用
    • ユーザ別ログイン、データの共有機能
Comments