データベースとの連携

研究者名:新内 豪


・背景
     データベースシステムを構築した経験から、データベースに興味を持ちデータベースを拡張出来ないかと考えた。

・今回行ったこと
  • ubuntuでPostgreSQLのデータベースを構築
  • NpgSQLライブラリを使いデジタル青森とデータベースの通信用プラグインを作成
  • InfoDisplayでの観光情報の表示


・GISとは?

                                  図1:GIS概要

    GISは地図(地形)表示機能+地理情報(文字、数値、画像など)表示機能から構成されています。
    今回のGISでは地図表示機能に「デジタル青森」を、地理情報にはアプティネットの観光情報を使用ます。



・観光情報の表示

                                                                          図2:観光情報の表示例

   観光情報にはアプティネットの観光情報を使いInfoDisplayプラグインで観光情報を表示してます。
   InfoDisplayの表示はHTML形式になってます。



・デジタル青森とデータベースとの連携方法
                                図3:システムの構成

     データベースとデジタル青森の連携の為にDBプラグインを作りました。
     DBプラグインは、Npgsqlライブラリを使用して作成しています。
     これによりデジタル青森からデータベースへとアクセスを可能にしています。




Comments