プログラム教材の制作

背景
  • プログラムを通してプログラムを知らない人プログラムの面白さを知って貰うための教材を制作。

内容
  • プログラムを段階的に分かりやすいように制作する。
  • 視覚的なフィードバックが即座に得られるためProcessingを使用して開発する。

開発環境



    石塚
    竹内
  • 4年卒業研究  感染シミュレータ
サブページ (2): フローチャート 当たり判定
Comments